相続財産から控除ができる葬儀の費用

故人の相続の手続を行うときに忘れてはいけない葬儀の費用は、遺産から控除できる費用です。すべての費用が控除できるわけではなく決められた葬儀費用は控除できることになります。実際に葬儀を行った費用は、相続財産から控除できます。これ以外の費用で忘れやすいのが遺体や遺骨の回送の費用も控除できる費用に該当していることです。そしてお通夜の費用も控除できるため、忘れずに領収書の保存が必要です。  

仏式の葬儀を行うときにはお寺の僧侶に対する読経料などの費用も控除できる費用になるため、忘れずに領収書の保存が必要です。病院で亡くなっていない場合には、死体の捜索や死体や遺骨の運搬にかかる費用も発生するものです。これらも控除できる費用になります。  

相続の遺産から控除できる葬儀の費用もあれば控除できない費用も存在しています。葬儀の時に必ず行われる香典返しの費用は控除できません。納骨を行うときに墓石や墓地を購入した場合にはこれらにかかった費用も控除できません。最近の葬儀では初七日の法会を、同時に行うことがあります。この費用は葬儀の費用に該当しないため控除できません。  

葬儀で費やした費用については、控除できる費用とできない費用があります。簡単に判断しないようにしないと、後から追加で納税することになってしまいます。そのため故人の葬儀を行った場合にはすべての費用に対する領収書は全て保管しておきましょう。どれが該当するか判断できない場合には全て残しておけば困ることなく対応できます。